日本ブログ村ランキングに参加しています↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村

 

【最大100万円】個人事業主・フリーランスがもらえる補助金【補助金】

補助金
【最大100万円】個人事業主・フリーランスがもらえる補助金【補助金】

こんにちは熊本市東区で日本一真っすぐ走る行政書士の湯上裕盛です。

今日はフリーランスや小規模事業者が使える補助金最大100万円と言うお話をします。

小規模事業者補助金の低感染リスク型ビジネス枠

これは何かと言うと小規模事業者補助金の低感染リスク型ビジネス枠というのがあります。

去年補助金を主にやっていた方はわかると思うのですが、コロナ特別対応型のリメイク版のようなイメージです。

元々小規模事業者持続化補助金は前からあり、個人事業主やフリーランスが使えるもので、販路開拓や業務効率化に繋がる取り組みに対して国が2/3の50万円補助しますというものです。

最大75万円の自己投資に対し国が50万円出してくれます。自己資金は25万円で良いというものがあり、去年コロナ特別対応型というのが出まして金額の上限が100万円まで引き上がりました。それにプラスで条件はありますが、補助率も3/4になり134万円の資金に対して国が100万円補助してくれます。34万円の自己資産で良いわけです。

補助率も引き上がって補助金額も引き上がり、それにプラスで事業再開枠というコロナ対策感染予防の為の空気清浄機、消毒液などプラス50万円分使用していいものがりました。ですが来年度4月以降は無くなり、リメイク版として低感染リスク型ビジネス枠というものに変わりました。

何が変わったかと言うと、まず100万円の補助を受けてプラス50万円分で感染予防の対策をしてもいいというのが無くなりました。その代わり100万円の中に消毒液の購入や換気設備導入を入れても良いとなりました。上限は100万円、補助率は3/4です。

対象経費・要件

  • オンライン化の為のツール 
  • システムの導入 
  • ECサイトの構築費

フリーランスや個人事業主、企業でもいいのですが、小規模事業者持続化補助金は従業員要件というのがあります。

サービス業 :5名以下 製造業その他:20名以下

フリーランスは1人でやっているので134万円も投資して何かプロジェクトをやろうということはあまりないと思うんですが、僕がよく相談を受けてお話するのは、それを営業として自社でなにか補助金を使えないかな?ではなく自分の商品の営業として使うのは凄くありだと思います。

特に低感染リスク型ビジネス枠、感染予防接触を減らそうみたいな話なので、ホームページ制作会社とかECサイトを作り対面で売っているものをネット販売して行こうという、そういうホームページを作っている会社からしたら営業で行くとして、150万円のECサイトを作るとき、お客さんとしては契約するに「150万円はちょっと高いなー!」となる所に補助金を活用したら50万円の自己資金で国が100万円補助してくれる。そういうことが可能になる訳です。

制作会社の方とかは行政書士の方、中小企業診断士の方とか補助金各プロの方を提携しておけば、そこでお願いして書いてもらう事で自社の商品が売れます。そうなるので自分で使うのもひとつで、その補助金で買える自社の売っている商材や自社が売りたいものが補助金の対象経費になるのであれば、自社の売り上げにも繋がるのでそれを使い営業するのもひとつだと思います

ですが100万円とか50万円を超えるようなものには、相見積というのは必要で、自社が営業提案したからといって自社が必ず勝てるわけではないというのがひとつあります。相見積を取って安い方に決めなさいというルールがあるので、どっちが金額をくぐるかのような話はあるんじゃないかと思います。

まとめ

今日は小規模事業者持続化補助金の低感染リスク型ビジネス枠、フリーランスや個人事業主が使える補助金、来年度4月から始まる補助金最大100万円というお話をしました。

今日が3月26日(金曜日)に動画を撮影しているのですが、今現在低感染リスク型ビジネス枠の小規模の補助金というのは概要は出ているけど正式な補助金のルールブックではある公募容量は出ていないんですね。なのでそれが出たらまた情報提供しようと思います。

あれはダメだよとか、これは買ってもいいよ、こういう条件があるというのは付くと思うんですが今のところは詳しく出ていないので、それが出たらまたお話をしようと思います。

それでは今日もご視聴頂きありがとうございました。また次の動画でもよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました